2008年11月09日

直筆の葉書で便りを出そうと決心したものの…失恋

ビジネスブログランキングにほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へninki-blog-ranking-img
↑ブログランキングに参加しています。3つともクリックしていただけると元気100倍です揺れるハート

ヘタなんですexclamation
とにかく字が…とてつもなく下手なんですexclamation×2どのくらいヘタかと云うと失恋それはもう、どうにも説明できないくらいに下手なんですexclamation×2
字が下手な例えとしては、よく、ミミズが這いまわったような…とか、蝿が止まっているような…などと云う人々がおられますよね眼鏡僕の字の形容としては…とても間に合いません失恋

僕の直筆葉書を受け取った方々は、きっと「バカにしやがってぇ…」と不愉快な気持ちになり、あるいは、いきなり破り捨てたくなったり…いっそ燃やしてしまいたくなるやも知れません。いや、それこそ正常な反応だと思ってはおります、僕なんです。

思い出せば、あれは…まだ無垢な少年の頃…揺れるハート
いわゆる習字の時間です。小学生のうちは「大変に元気があってよろしい晴れ」と誉めてもらえました。それが中学時代には…習字担当の先生がいきなり怒り出しては「真面目に書きなさいexclamation×2」と…真顔で叫びました。交換日記なるものを申し込んできたのは学年のちがう女の子…まさに知らぬがホトケ…っていうか…厳冬のエベレスト登頂に真っ裸で挑むようなものでして…それでも揺れるハート恋は盲目キスマークとも申しますとおり…何度かはやり取り成立したような記憶がありますね眼鏡

やがて高校生になりますと…やはりジョンレノンに深く心酔しつつ傾倒しきりのロマンチックな文系学生としては…小説なるものを、レポート用紙の裏表びっしり十枚くらいに直筆で書き下ろしては、現代国語の女性教師に「これで芥川賞とりたいんですけど〜揺れるハート」とて、真剣な面持ちで差し出しました…受け取った先生は眼鏡そのレポート用紙には一瞥もくれずに眼鏡じいっと僕の眼を真顔で見つめたまま、ゆっくりとレポート用紙を二つに裂き…四つに破り…八つまで頑張ってはキスマーク「バカなこと云わんと、しっかり勉強しなさい」と静かな口調で…自分の机の横にあるゴミ箱に捨てました。あらためて思い出せば、あんまりだ…と感じている次第です…失恋

ともかくexclamation字が下手なんですexclamation×2たとえば、自分で書いたメモは…覚えているうちに読み返しても…少し読解しにくいくらいです揺れるハート

ワープロという装置を創造して下さいました皆々様に心から感謝しきりの僕なんです。もしも…僕の直筆葉書などを受け取った方々は黒ハート決して不幸のハガキなどと勘違いなさいませんように…どんなにヘタであろうとも、本当に心尽くして書いておりますし…揺れるハート

並んでいるのは絵とか象形文字なんかじゃあないぜ日本語の…漢字とか片仮名とか平仮名なんだぜ…失恋

ビジネスブログランキングにほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へninki-blog-ranking-img
↑ブログランキングに参加しています。3つともクリックしていただけると元気100倍です揺れるハート
posted by 歴史小説家 菅靖匡 at 16:04 | Comment(1) | 歴史小説家菅靖匡の日常