2008年11月28日

邪馬台国近隣の風景・・当時の狩猟民たちの暮らしぶりに教えてもらおう!!

ninki-blog-ranking-imgにほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へビジネスブログランキング
↑ブログランキングに参加しています。3つともクリックしていただけると元気100倍です揺れるハート

愛媛国縁起


遠海(えんかい)
     一
 屋敷の内のうっそうとした森の木々のいずこかで寒蝉【かんのせみ=初秋の蝉】が鳴いている。
「お山は、そろそろ紅葉がきれいな季節じゃ。獲物も、たんとおりまするぞ」
 幼い都祢那賀(つねなが)に向かって嬉しげに云う覇津華雅(はつかが)に、かたわらの殊里(しゅり)が問うている。
「親父殿、狩猟(かりくら)となれば、いかなる備えをすればよろしいのですか」
「これとゆうては何もいらぬ。明朝、そうじゃのう、夜明け前には出仕せよ」

翌朝、三騎の馬が連なって朝日を背にうけつつ、水田を仕切る狭い畦道(あぜみち)を駆け抜けていった。
この三騎が、ひたすらに目指すは葛城山である。
畿内には低くなだらかな山が多い。広大な平野の遥か四方を低山に囲まれているあたり、ゆるやかに巨大な盆地にも見える。
そんな風景の中に在って葛城山は峻険と云っていい山で、現在【天平時代】に云う竹之内街道の祖道が、難波ノ津まで抜けており、この道以外に大軍勢での行軍はできまい。

 したがって邪馬台国隆盛当時には、都である明日香野防衛上における西の要所、ようは天然の巨岩防壁とも云っていいものであった。また、この辺りの山には、太古よりの伝統をかたくなに守って棲み続ける狩猟民がいる・・。
 あるいは、険しい山深くに暮らす者達にとって、時代の移り変わりなどは何の影響力も持てないのかも知れない。この山岳民族が厳守する伝統の一つには、家を建てない。
山の急斜面に洞穴を掘って住屋としているのである。
農耕が盛んになってなお、狩猟と採集生活を捨てていないし、彼らにとっては下界の戦乱など余所事であり、はたして邪馬台国の権威なども知らぬこと、及ばずにいるのであろう。
ただし、狩猟を好む覇津華雅にとっては旧知の者達であり、都祢那賀と殊里をともなって向かう先は彼らの村であった。

 本道は、馬二頭立ての駕篭車(かごぐるま)が、すれ違えるほどに広い。が、山奥の村にゆくには峠の手前で脇道に入り、昼でも暗い巨杉の原始林を縫うように走ってから、さらに険しい山道を進むのである。その山道もついに途切れ、いわゆる獣道を迷わずに行ければ最初の村に到達できる。彼らは団結してはいるが集落を好まず、この山脈に点在して暮らしているのだった。
 狩猟する動物や、採集する木ノ実や山菜などが絶えるのを防ぐ祖先の智恵であるらしい。
 覇津華雅達は馬を降りずに幾つかの村を駆け抜け、ようよう日暮れ近くに、やっと首長である老人が暮らす洞窟村に入った・・、と奇古書にはある。移動にほぼ一日を要したのは、険しい山道に慣れぬ都祢那賀と殊里のせいであろう・・。
「わりゃあ、久しぶりやな」
 低く、しわがれた声で出迎えたのは長老の蛙毘寄(あびき)であった。
「おう。うぬも生きておったかや」
 覇津華雅は破顔一笑、さっ、と素早く馬から飛び降りた。
周囲には村人達が、ぞろぞろと集まっている。
みな、覇津華雅の来訪が嬉しいらしく、親しげな笑顔を満面に浮かべていた。
この山岳の村人達、まず、頭が大きい。ろくに洗っていないであろう髪は女でもぼさぼさで、男どもは髭面、その日焼けして垢じみた顔は脂ぎっており、よく張った顎がいかにも頑強そうである。分厚い唇からこぼれる歯は、獣の牙のような純白であった。
「泥を素手でこね上げただけの、しかも焼きそこねた笑み土面(どめん)のような面構(つらがまえ)でした」
 とは後日、屋敷に帰ってから宵襠(よいまち)に語って聞かせた、都祢那賀の言ノ葉である。
 宮中などで当たり前に見かける人形【ひとかた=現在でいう埴輪(はにわ)の原型】とは違う、と云っているのである。
「手足は丸太のようで、毛だらけで、着ている衣(ころも)と変わらない」
 とも云っている。宵襠は床をたたいて笑いころげたが、まあ、このあたりは後の話・・。
 まさに今、都祢那賀は馬上、しゃんと胸を張り、何やら怒ったようにぷっと頬を膨らませ、熊毛皮をまとった山奥の村人達を見おろしているのである・・。

ninki-blog-ranking-imgにほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へビジネスブログランキング
↑ブログランキングに参加しています。3つともクリックしていただけると元気100倍です揺れるハート
posted by 歴史小説家 菅靖匡 at 10:12 | Comment(0) | 連載長編小説 当ブログ用

新幹線とか飛行機とか、公共の乗り物には危険物の持ち込み厳禁exclamation×2

ninki-blog-ranking-imgにほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へビジネスブログランキング
↑ブログランキングに参加しています。3つともクリックしていただけると元気100倍です揺れるハート

一年のうちに、ラッシュと云われます時期なら、グリーンなどの指定席が有り難いですけど…まあ、普通の日々には自由席で充分です…そんな僕なんです晴れ

さあ、どちらにせよ席について、手荷物【帰りのお土産を考慮するわけじゃあないけどね…行きは、できるだけ最小限にしてます】も…棚もしくは足元に落ち着けまして、いよいよ出発しますと…僕は、窓から眺める景色より、乗り合わせた人々を眺めるのが楽しい時が、じつは少なくありません眼鏡

むろん眺めるのは真正面と左右90度…あと、せいぜい不自然でないくらいに首をひねって見える範囲ですが…座席から死角におられます方々は音声だけ…眼鏡

その良し悪しは問わずして、よほど気になる人々が真後ろにいるなら…たとえばトンネル通過のさい眼鏡窓に映る姿を盗み見たりもしますし…そういう方々が席をたって移動する時に…男性なら(どんなヤツやろ眼鏡)とか、女性なら別嬪さんか可愛いか、プロポーションはどやねん…などと、できるだけ気づかれないように眼鏡観察する努力を惜しまない僕でもあります揺れるハート

ただし…声だけで、あきらかに豪傑であろうことが察せられます昔の娘さんなどは、ふと寝たフリもできる僕なんです晴れ

そういうふうに周辺を眺める僕の余裕のカギを握っているのは…すぐ前後左右に隣り合わせた…失恋
爆発物はもとより、弓とか槍とか刀、ナイフや鉄砲、ガソリンや灯油やシンナー、また硫酸やら塩酸はじめ劇薬とか毒物など、それに毒蛇とサソリとか毒蜘蛛などなど、それに何かしら罪を犯した逃亡者、または生命をマトにかけられて焦っている人、大変な偉いさんの妻や娘とカケオチしてる小心者、もしくは事業とか博打に失敗して自暴自棄になった方々、とくに大した理由など無いけど…とりあえず誰でもいいから他人を殺傷したい人、絶対に禁酒しなくちゃいけないくせに飲んだくれてる酒乱の方、薬物の禁断症状にさいなまれている人…もしくは逮捕されても精神鑑定で無罪になるような人など…失恋

願いましては、できるだけ乗り合わせたくない僕なんです眼鏡あと、あからさまに常識や公衆マナーをわきまえていないことを得意とする人、そんな自覚さえ無い…どちらにせよ粗暴な人失恋
なぜか興奮状態のボクサーはじめ格闘家の方とも…出来る限りご一緒したくはない、そんな僕でもあります晴れ

あと、やたら僕好みの女性…黒ハート一時的にはラッキーなんですが…ことに近年には、チカンに間違われたら大ごとですし失恋思いもよらずセクハラやとか騒がれたら大変ですし失恋あるいは盗撮容疑者なんかにされた日にゃあ…などなど、ついマイナス思考が先にたつようになった自分に気がついて失恋…これで青春も終わりかなカラオケと頭のなかで歌ったりもする僕なんです揺れるハート

だからこそ晴れ貴方のほうから…「あのう…もしかして…のぉの助さんexclamation&question」とかって声をかけていただけますほどの有名人に…どうぞ、このブログに遊びに来て下さった晴れあなた晴れのお力をexclamation×2僕に下さいね揺れるハート
そのご助力キスマーク御助勢の形は問いませんし揺れるハート随時、受け入れ態勢を整えておりますから…どうぞ、ご遠慮なさらず、お気軽に晴れ

まあ、それはさておきまして…先にも列記したような機内あるいは車内に持ち込み禁止に加えて…メッチャ臭いモノも失恋どうぞ明記と明言を、各航空および交通各社にお願い申し上げたい僕なんですexclamation×2

先だって…窓際の指定席でくつろいでおりますと…隣りに乗り込んできたオバサンは…昔に流行った刑事コロンボみたいなかっこうです失恋それだけでも充分にガッカリなのに…失恋

手提げの紙袋を座席のテーブルにのせた途端失恋なにやら強烈な異臭が漂い…走り出すと…オバサンは、ガサゴソと紙袋の中を手探り、取り出したのは…

まるで異常なくらいニンニクの臭いを発散する大ぶりの肉饅頭…それにかぶり付きますと…さらに強烈なニンニク臭が撒き散らされ…それを続けざまに二つも…しかも、よく味わうように時間をかけて食いやがりました失恋

前の座席に座っていた人は二人とも、ちょっと振り替える仕草して…席を離れたし…ふと目の合った通路の向こう側の人は眼鏡伸ばした人差し指で自らの鼻孔を塞ぐようにして苦笑いしました眼鏡

僕は、できるだけ迷惑そうに顔をそむけたり、尻までずらして身体ごと背けてみたりもしましたが、隣り合わせた肉饅頭オバサンは失恋まるで気になさらず…

しかも、おもむろに二つめの食べかけをテーブルに置くと、立ち上がって暫く戻らず…ようやく戻ってきたから、チラッと睨み上げてやったら、マジで分厚い眼鏡と顔半分を隠すマスクをしていたため、僕は慌てて窓のほうをみたりしました失恋

オバサンは気にしないまま…テーブルに手を伸ばし…(頼むから、はよ食うてしまえexclamation×2)と願う僕の気持ちを見すかしてはあざ笑うかのように…ガサゴソと紙袋から本を取り出して読み始めやがったのです失恋

チラッと横目で見ると…それは…いわゆる脳トレのパズルらしく…オバサンは赤のボールペンまで取り出して、ウネウネと本に書き込み…ふと思い出すようにして肉饅頭を一口食らい、また本に書き込み…また一口食らい…また本に書き込み…失恋

「コラexclamation×2オバハンexclamation×2たいがいにしとけよexclamation×2なんぼ温厚なワイかて、いつまででも笑うとらへんぞexclamation×2オオッexclamation×2

と…何度も頭のなかで繰り返しながら、あとはひたすら、一秒でも早く、どちらかの目的地に到着しますように…と祈りつづけたことでした失恋

いつの日にか、僕が日本内閣総理大臣になったあかつきには…晴れ
いくら食料とはいえ、あきらかに異臭のするものは、やはり持ち込み禁止に指定することを公約いたしますexclamation×2

ninki-blog-ranking-imgにほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へビジネスブログランキング
↑ブログランキングに参加しています。3つともクリックしていただけると元気100倍です揺れるハート
posted by 歴史小説家 菅靖匡 at 07:52 | Comment(0) | 旅の宿から・・