2008年11月30日

炊きたて御飯と白菜の漬け物、そして味噌汁が一椀ついていれば大満足!!

ninki-blog-ranking-imgにほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へビジネスブログランキング
↑ブログランキングに参加しています。3つともクリックしていただけると元気100倍です揺れるハート

贅沢いえばキリがないけど・・

 僕は、いわゆる食通などではないし・・、わざわざ流行っている店に行って待たされてまで食べたい・・、なんて全然思わない・・、とても面倒くさがりな、出不精者です。

 でも、なんかの拍子に入った店で、とても気に入ったメニューとかがあれば・・(ああ、また食べたい・・)とか思って、できるだけチャンスを逃さないようにするのが、どうやらクセみたいです。
 だから、行きつけ・・、なんて云えるほど熱心な客ではないけれど、自然と顔なじみくらいにはなる店ができてくるわけで・・・

 それも、あまり好き嫌いの無い雑食性ですので、地元に在る和食、洋食、中華など・・、どれも大好きな料理が並びますね。
ただし、雑食とはいえ、たとえば、ベトナムとかフィリピンとか、ドイツとかイタリアやフランスなど、それぞれ外国料理専門店みたいなところには、まったく興味が無いんです。

 てか・・、日本料理あるいは中華料理だと、けっこう好んで行くあたり・・、やはり何かしら好き嫌いとかがあるのかも・・ひらめき
まあ、なにはともあれ、やはり生きていくためには食事って重要な一つですし、できればマズいものより美味しく感じられるもののほうがいいハートたち(複数ハート)とも思いますが・・、やっぱり贅沢いえばキリが無いことでもありますよね・・、食生活ってのは・・ハートたち(複数ハート)

 僕は、できれば炊きたての御飯と、白菜とか大根葉なんかの漬け物と、あったかい味噌汁があれば大満足なんですけど・・・揺れるハート
それに、パリッとした海苔やら、ピシッと塩のきいた焼き鮭とか、こりゃもう一つ食っとこう・・、と思える梅干だの、それに納豆なんかが付くと・・、もう贅沢やなあ・・、って感じですね。

 その漬け物だとか梅干とか、味噌や醤油なども、昔は自家製だった家が珍しくなかったでしょう・・。
そうした手間暇を惜しまない女性って、やっぱりステキだな黒ハート
って思う僕なんです。今では・・、ちゃんと御飯さえ炊けない女性が珍しくないとか・・、それって本当の話ですか・・失恋

ninki-blog-ranking-imgにほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へビジネスブログランキング
↑ブログランキングに参加しています。3つともクリックしていただけると元気100倍です揺れるハート
posted by 歴史小説家 菅靖匡 at 16:50 | Comment(0) | 食生活に思い巡らすこと…
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/23622418
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック