2010年06月14日

この物語は、菅靖匡が実体験させていただいた事実をもとに、ただの小説として創造するフィクションであり、作者以外の登場人物およびクラブ等は、まったく実在のものとは関係ありませんっ。合掌

ninki-blog-ranking-imgにほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へビジネスブログランキング
↑ブログランキングに参加しています。3つともクリックしていただけると元気100倍です揺れるハート

北新地物語

 風の噂はどうやら胸に 蒔いた覚えの罪の種

「まあ、先生、こないな別嬪ばっかりに囲まれて、どうも思わんほうが、男としては、おかしいっちゅうもんでっしゃろ」

 どっちも色よい返事があって 迷っている間に逃げた恋

「はあ、まあ、そういうもんかも知れませんねぇ」

(とは云うても、まずは先だつモンがないとなあ。いつか自分の甲斐性で、なんぼでも会長さんに御礼でけるくらいにはならんと、こないな別嬪さんはハナもひっかけてくれるかい。まあ、そやけど、ホンマ、いまに見とってくれよ、ワイだってぇ・・、いう気ぃにさしてくれるだけで、なんとも有り難いこっちゃあぁぁぁっ。)

「ねえ、先生、すごくステキなお召し物、ピシッと着こなしてらっしゃるってことは、いつも、そんな格好してはりますの?」
 そんなことを云うてくれる麗羅ママさんの微笑は、たとえば、いわゆる勝利の女神を想わせるに充分すぎる目映さなのである。
「はあ、まあ、普段着ですねえ、いっぺん着ると、ホンマにラクやし、クセになってしもぉてぇ」

(けど、これは、あつらえて買うたばっかしの一張羅でっせぇ。)

 さっと襟をなおしつつ、背筋も正して、ちょっと畏まらないと、とても麗羅ママさんのとなりに座ってなんかいられない山猿であった。
 が、しかし、本当に北新地の女性方々は鋭く、しかも聡い。
「やっぱりねぇ、ほんとに自然に馴染んではりますもん。そこまでステキな雰囲気だせるのは、着慣れてはる証拠ですもん。そのあたり、わたしの着物は、どないです?着物好きの先生のお目に、かなうやろかしらぁ?」
「そっ、そらもうっ、バッチリですぅっ、麗羅ママさん、すなわち着物、着物、すなわち麗羅ママさん、っちゅうくらい馴染んでますよっ、いやっ、ホンマのホンマっ、目がくらんでますっ」
「まあ、そないに先生に褒めてもろぉたら、ホンマに嬉しいわあ、着付けてきた甲斐があったわぁ」
「先生、麗羅ママはねぇ、ドレスでも、ブルッときまっせ」
「分かります、分かります、ママさんやったら、もう」

(裸がサイコーに美しいと想いまっせえぇぇぇぇっ。)

「どないな格好でも、まるで勝利の女神さんそのままですうぅぅ」
「おっ、そういや、まだ内藤を見かけんなあ。先生、ここの黒服の内藤っちゅうんはね、ホンマにアホですねん」
「もう、イヤですよ、会長さん、その話はぁ」
「おっと、そないにマジで怖い顔しぃな、云わへんがな」
 ようやく会長が口にチャックする真似して笑ったあたりも、やはり麗羅ママさんによる魔術の見事さであったに違いない。

(ああ、よかったあぁっ、ようやっと普通の会長さんに戻ってくれたわぁっ。しゃあけど、内藤君、いったいぜんたい、どないな話やねん。それより、まずは、どないなお顔してますねやぁ、ねえ、内藤君。)

「それより、先生、いただいた御本、いつの時代の歴史ですか?もう、はよ読みたくて気になって、気になって」
 云いながらグラスにつける麗羅ママさんの唇は、まるで、もぎたてのサクランボみたいにも想え、あんなんでキスしてもろたらワイは一発で即身成仏やろなあぁぁ、なんて夢見る山猿なのである。
「あれですかぁ、あれは戦国時代のね、信長やら秀吉やら家康に仕えた武将の物語ですぅ。その嫁さんとかはぁ、まるでママさんやら皆さんみたいな女性ばっかしですよ、ホンマに、もう」
 と云うた山猿の目の前に、ホンマモンの寧々【ねね=秀吉の愛妻】さんが現れたのは、まさに、この時であった。

 すなわち、その途端に山猿は、高杉晋作でもマイケル・コルレオーネでもなく、まこと醍醐の花見にて、よりどりみどりに別嬪さんをはべらせて有頂天に浮かれていた秀吉そのままの心地だったのである。

ninki-blog-ranking-imgにほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へビジネスブログランキング
↑ブログランキングに参加しています。3つともクリックしていただけると元気100倍です揺れるハート
posted by 歴史小説家 菅靖匡 at 23:20 | Comment(1) | 実録 華も実もある北新地物語
この記事へのコメント
コピーブランド専売店

当店の主 な経営のブランド:ルイヴィトンコピー、シャネルコピー、グッチコピー、エルメスコピー、コーチコピー、財布、バッグその他小物等、 等

コピーブランド専売店シャネル バッグ コピー新作

商品の数量は多い,数千種類の商品がある。

経営方針: 品質を重視、納期も厳守、信用第一は当社の方針です。

URL: http://www.jpbrandkopi.com

コピーブランド
N級ブランド
ブランドコピー
Posted by コピーブランド at 2011年12月09日 17:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38933685
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック